プログラミングを楽しくセッション
PROGJAM

はじめようプログラミングスクール

PROGJAMとは?

PROGJAMはこども向けプログラミングスクールのためのフランチャイズサービスで、
こどもたちが楽しく学べるプログラミング教材を開発し、提供しています。

本格的なプログラミング学習を通して、
こどもたちの未来に役立つスキル(論理的思考力・創造性・問題解決能力)を育みます。

PROGJAM 3つのポイント

キーボードを使い、BASIC言語を学ぶ本格的なプログラミング学習を行います。BASIC言語は、文字通りプログラムの”基本”となるので、後にC言語などの実用的な言語へのステップアップがスムーズです。
こどもたちの実生活でも必要となるタイピングや簡単な英単語も、同時に学ぶことができます。
システム開発とアプリ開発を10年続けてきた弊社現役プログラマー陣が、スクールカリキュラムを全面的に監修しています。
弊社は2014年からIchigoJamを使った子ども向けプログラミング講習やワークショップを全国各地で多彩に展開し、総務省による平成28年度第2次補正予算「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」に係る提案公募にも選定されています。
教材費は低価格となっているので、初期費用を抑えてスタートすることができます。教材のメインであるIchigoJamは、モニターと電源、キーボードにつなぐだけで、すぐにプログラミング環境が立ち上がります。複雑なOS設定やインターネット接続は一切必要ない、シンプルな設計になっています。

コース内容

開講までの流れ

導入実績

まんてん株式会社
まんてん株式会社

まんてん株式会社 さま

福井県の学童施設でプライマリーコースがスタート!

福井県の民間学童保育施設「こどもステーションまんてん」様にて平成29年4月より「プライマリーコース」がスタートしました。

まんてん様では、小学校が終わってからのアフタースクールを開いており、こどもたちはお仕事の終わった保護者の方が迎えに来るまで、スタッフから宿題や英語学習のサポートを受けながら過ごしています。
こどもたちが帰った後の時間に、施設を何か習い事で利用したいとご相談があり、数回の体験会を経て、この度プログラミング教室が開講しました。施設の在籍児童からも多数入会いただけています。

教室では、プロジェクターをつかって、講師のIchigoJam画面をこどもたちに見せながら授業を進めていきます。
講師向けのテキストと資料説明もあるので、スタッフは安心して指導にあたることができます。

よくあるご質問

プログラミングスクールの開講は全国どこででも可能ですか?
可能です。
推奨年齢より低い子の受講は可能ですか?
推奨年齢のお子様よりもサポートが必要になりますが、可能です。
教材で使用するテキストはどういう形式でしょうか?
受注生産での製本になります。
講師に求められる技量はありますか?
講師用指導説明資料を準備していますので、特にありません。また、説明会の実施を予定しています。
1クラスの定員目安を教えてください。
・ジュニアコース(8名/1講師+1サポート)
・プライマリーコース(8名/1講師+1サポート)
・ゲームコース(8名/1講師+1サポート)
体験会用の資料はありますか?
プレゼン資料、開催写真、保護者向け資料があります。
また、説明会にて体験会実施マニュアルも説明します。
IchigoJamを使う理由は何でしょうか?
IchigoJamは初心者向けプログラミング言語「BASIC」を現代風に復活させたこども用シングルボードコンピュータです。煩雑なセットアップは不要で自宅に持ち帰って使うことも可能です。
こどもプログラミング体験の実績があり、教材としても安価なため、PROGJAM教材として使用しています。
教室の設備条件はありますか?
生徒数分の机、椅子があれば大丈夫です。
※ネット環境は必要ありません。
以下のコースにつきましては、プロジェクター、電源が必要になります。
・プライマリーコース
・ゲームコース